忍者ブログ
こどもの教育環境

こどもの教育環境

こども
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


よく悪を懲らしめるという風には言われますが、正義と言うのは時には悪以上に酷いことをやっている場合もあるので気をつけた方がいいのかもしれませんね。


あの人は酷い人だ、この人のためにもあの人を懲らしめてやろうとしてやったことが、実はいじめになることもあります。


実際に知り合いにも正義感の強い人がいましたが、非があると言われる人にやっていることというのはいじめとなんら変わらないもんだという気が湧いてきたことがあります。


それを考えると、どういう人であれやりすぎはいけませんね。


その知り合いは長期間にわたって酷い対応をしてきていましたが、見ている方も気分はよくないです。


もしも最悪の事態があった場合に相手が悪いのだから仕方ないでは済まされませんし、正義のはずが実際にいじめと同じだったでは、罪を一生背負うことになります。


はやり大人はどういう結果になるか分かっているので、いじめを止める義務もあるかと思います。




親や先生があなたのやっていることは間違っていると言ってあげるのが子供のためでもありますね。


PR
世の中には嫉妬やひがみねたみ、不満などが溢れ、人をいじめたり、嫌がらせをする人というのはいるものです。


いじめに遭う場合と言うのは、人とは違うのでからかうとおもしろい、恵まれている環境なので不愉快など、自分の感情を満たすために行なわれることが多いです。


いじめに遭わないためにはやはり似たような環境の人が集まる学校に入れることでしょうかね。


お金持ちの中にお金持ちの子供がいれば他の人と同じ状況になりますが、一般家庭の子供の中にお金持ちの子供が入ると嫉妬やひがみの対象となりいじめられる可能性も高くなるでしょう。


あえて裕福な子供を普通の学校に入れたという場合にはやはり浮いた存在になるとか、馴染めないなどの苦労もあるようです。



それらを踏まえると、学費のかかる私立に入れるほど親が教育熱心な学校とかに入学させるのも良い方法なのかなとも思います。


私立という分、学校のセ院生と言うのも過保護気味で指導したり、教育してくれるとも言われます。



また学校が人生にとって最重要事ではないので、、苦しみながら行かなくていい、フリースクールや学校以外で学ぶ場所を見つけるのも一つの方法だと言われています。




小学校中学校と言うのは地元しか生活範囲がない、近所も学校もすべて同じ人達とかなり限られているので、できるだけ普段の環境とは違う機会を与えてあげるのも良いかと思います。



ボランティアとか、同じ趣味の人の集まりなど学校以外の交流の場と言うのも大事かと思います。


また同じ年代の子供達だけではなく、少し歳の離れた人との交流も視野や考え方が変わるきっかけになるかもしれません。



橋下徹市長は小学生でも留年させてもいいのではないかと提案しましたが、尾木マアも海外の教育を怜に挙げ、留年は悪いこととも言い切れないという立場を示しました。


尾木ママによるとそもそも人にはそれぞれ得意不得意があり、成長のスピードも違うのだから皆一緒という考えに無理があるのではないか、比べるからいじめが増えるのであり、比べなければ人の違いや差を非難することも減るのではないかという見識でした。


たしかに一概にはいえませんが、4月生まれの人と3月生まれの人には1年間の差があるもので、小学校受験専用の塾では月生まれごとに教育やスピードを変えていると言っていました。


子供というとはじめての学校環境とか、初めて学ぶと言うことを体験する中で、さらには周囲に合わせないといけないともなればたしかにヘトヘトにはなってしまいそうです。


小学校のうちは自分のペースで学校生活を送れたら心に余裕が持てるでしょうし、勉強も好きにはなれなくても嫌いにはならないでしょうしね。


まあ最初のスタートが皆同じだと差が出るのは気になるので、最初から入学時期が違うとか一年に2度入学時期があるなどの方がまだ受け入れやすくはある気はしますが。



芸能人の子供はいじめなどを避けるためもあって、同じような環境が集まる私立に入れる場合が多いですが、インターナショナルスクールも多いですね。


安室奈美恵の子、木村拓哉の子、紗栄子の子、梅宮アンナの子、高岡早紀の子、宇多田ヒカル、関根麻里などがインターナショナルスクール、アメリカンスクールだったと言われます。


その後の受験などでも英語は必要となってきますし、いろんな国の子と学ばせたい、広い視野を持ってもらいたいなどの願いもあるのでしょうかね。


海外の学習方法を取り入れているとも言われますし、子育てでも自立とか、責任を重視しながら教育されるのではないかとは思います。




読売ジャイアンツ、巨人に移籍した村田修一選手の次男が小学校受験をしたそうですね。


面接の日には動きまわり、子供同士での時間では泣き出したりとあまり良い状態ではなかったと感じていたようですが、合格だったのだそう。


学校によっては大人しい子がいいとか、活発な子が良いという風に傾向が違うそうです。


村田修一さんの次男は未熟児で生まれ、そのためか現在も小柄な印象でしたし、細いですね。


予定日よりも早く生まれたと言うことで本来なら一学年下だったはずが一年上となり、学年の中でも発育状態となる早生まれのグループに入ったそうです。

未熟児でなくとも早生まれはいろいろと大変、成長差が一年ある中でさらに本来は一学年下だったはずなので、少し心配はしているようでした。

私立小学校の受験対策でも生まれた月、早生まれなどによって対策が違ってくるそうなので、小学生あたりまでは早生まれ遅生まれの差というのは出てくるようです。





セレブタレントのマリエさんは父親がオイル会社を経営していると言われたものの、それは過去の話で現在は違う会社を経営していて、母親はサロン経営をしているのだそう。


マリエさんの両親の事業では父親は小さな会社を経営とか、サロン経営の母親の稼ぎで家族を支えているという風にも言われていました。


マリエさんが中小企業の令嬢と報じられたことで取引先が減ったという風にも語っているそうですが、あまりそういう報道は影響してはいないでしょうね。


不景気など状況の変化の方が大きく時期が重なったのではないでしょうか。
 

やはり社長、経営者はどんな時もどういう事業をやるか、何かの経営には携わっているようです。


資金があるからやれるのか、それとも経営者として経営分野で仕事をしたい気持ちが強いのか、新しい事業を見つけられて成功しているのはすごいですね。


母親のサロンだけでも年収1000万円ほどあるのだとか。


他には姉もまつ毛のエクステンションの店を運営しているのだそう。


実業家一家といった感じでしょうかね。


経営者がいればその感覚が家族にも伝わるというものなのかもしれません。


そういう家系というか、持って生まれた才能というか。


カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
アクセス解析
ブログ内検索
   
フリーエリア
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © こどもの教育環境 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]