忍者ブログ
こどもの教育環境

こどもの教育環境

こども
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

読売ジャイアンツ、巨人に移籍した村田修一選手の次男が小学校受験をしたそうですね。


面接の日には動きまわり、子供同士での時間では泣き出したりとあまり良い状態ではなかったと感じていたようですが、合格だったのだそう。


学校によっては大人しい子がいいとか、活発な子が良いという風に傾向が違うそうです。


村田修一さんの次男は未熟児で生まれ、そのためか現在も小柄な印象でしたし、細いですね。


予定日よりも早く生まれたと言うことで本来なら一学年下だったはずが一年上となり、学年の中でも発育状態となる早生まれのグループに入ったそうです。

未熟児でなくとも早生まれはいろいろと大変、成長差が一年ある中でさらに本来は一学年下だったはずなので、少し心配はしているようでした。

私立小学校の受験対策でも生まれた月、早生まれなどによって対策が違ってくるそうなので、小学生あたりまでは早生まれ遅生まれの差というのは出てくるようです。




PR
スポーツ選手は海外生活も多いですが、メジャーリーグに行くとアメリカの小学校に入りますね。


メジャーリーガーの場合は一年間に160試合近く試合があるので、なかなか家に帰れないことが多いそうで、注目されている選手はスタッフが生活を支援したりと優遇される場合もあるそうです。


中にはなかなか生活にはなじめない子供も多いそうで、松井稼頭央選手の子供は英語が話せないと言うことで、不登校になりながらも夫人がこのままではだめだということで無理やり学校へ行かせたという話をしていました。


もし海外へ転勤する場合は言葉の壁があるので、英語は小さい頃から慣れさせておいた方がいいかもしれませんね。

松井選手の場合はもう小さい頃からアメリカで生活していたようではありますので、周りに英語を話す人がいなければ難しいのかもしれません。





カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
アクセス解析
ブログ内検索
   
フリーエリア
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © こどもの教育環境 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]